【死ぬまでにやりたいことリスト】26歳、凡人サラリーマンの今後

【死ぬまでにやりたいことリスト】26歳、凡人サラリーマンの今後

アイキャッチ

Pocket

こんにちは。

超凡人サラリーマン、Yuichiです。

先日に水野敬也さんの最新作『夢を叶えるゾウ4』を読み終わりました。

感想を超簡単にまとめると、「このままの人生だと、僕は確実に後悔する」でした。

社会人1年目になってから、『夢を叶えるゾウ』シリーズには、大きく助けられてきました。

しかし、これまでは、読んでから2週間くらいは、かなり高まっていたモチベーションも、長続きしないことが課題でした。

そこで!

今回は、読書結果のアウトプットも含めて、僕の死ぬまでにやりたいことリストを作成してみました。

今後この記事を更新して行く形で、あとからでも後悔しない人生にシフトチェンジしていきます。

スポンサーリンク

 

【死ぬまでにやりたいことリスト】26歳、凡人サラリーマンの今後

さて、それでは、さっそく僕の考えたリストです。

 

【死ぬまでにやりたいことリスト】

・アメリカの国立公園を周る

・富士山に登る

・ブログのアクセス数を月10万にする

・会社に縛られない生き方をする

・自分の家に、景色のいい露天風呂とサウナを作る

・海の見える綺麗な場所に住む

・女性にモテる

・腹筋を割る

・顔のニキビを綺麗にする

・バーかカフェを開く

・両親に福岡旅行をプレゼントする

・友人と自由に遊べる生き方をする

・やりがいのある仕事をする

・カジノでもう一度遊ぶ

・マリファナを吸う

・石垣島に旅行に行く

・焼酎に詳しくなる

・カントリーミュージック好きを増やす

・ドライブで日本一周を達成する

・佐多岬(本州最南端)に行く

 

というわけで!

以上20点が、現状僕がやりたいと思ったことです。

今回、再現性などは特に無視し、とにかく、これがやりたいと思ったことをツラツラと並べました!

 

Yuichi

中には、しょうもないのも含まれているかもしれませんが…笑

 

今後は、このブログ記事を更新して行く形で、一つづつ達成していこうと思います!

 

リストを作って感じたこと【このまま生きていたら、確実に後悔する】

 

というわけで、このリストを一つ一つクリアしていきたいと思うのですが、リストを作成しながら、思ったことがあります。

それは、このまま生きていたら確実に後悔するということです。

このように感じた理由が2つあります。

自分の欲求がわからない

まず、一つ目は、自分の欲求がわからないことです。

このリストを作成し始めて、まず一つ目の「アメリカの国立公園を周る」と書いた瞬間に手が止まりました。

 

あれ、俺って何がしたいんだっけ?

 

って正直思ってしまい、これが本当にわからない状態でした。

「死ぬまでにやりたいこと100個」を書いている方々が、割と多いなと思いますが、正直、僕には到底無理でした。

 

僕はよくマナブさんの動画を見るのですが、最近の動画で、まさに今回僕が『夢を叶えるゾウ』を読んで感じた「死を意識する」というテーマと被っている動画が出ていました。

こちらの動画です。

 

 

 

この質問に僕が答えるなら、確実にYESです笑

また、マナブさんツイートによれば、

 

 

だそうです。

僕みたいに、自分の欲求すらわかっていない人間だと、自分の人生を生きていないことは明確

つまり、後々後悔することは目に見えていますよね

 

今回をいいきっかけとして、まずは現状で自分のやりたいことをこなしつつ、行動したり、調べたりすることで、今後はリストを増やしていこうと思っています。

 

人生は、残り55年

僕は、現在26歳です。

調べてみたところ、日本人男性の平均寿命は約81際だそうです。

参考 平均寿命は女性87.45歳、男性81.41歳でともに過去最高 : 女性の過半数が90歳まで生きるnippon.com

 

単純に引き算をすると、残り55年間ですね。

これってなんか長いように感じるかもしれませんが、

 

あれ、意外と少ないな笑

 

と僕の場合は感じました。

事実、この26年間は、自分の意思も特になく、のほほんと生きてきてしまったので、このへんでテコ入れしないとまずいなというところです。

今後も「死ぬまでにやりたいことリスト」の項目が増えていくとすれば、大体2年に1度は項目を達成しないと、僕は死ぬ時に後悔することになります。

 

さて、今回の記事では、ツラツラ思ったことを並べてきてしまいましたが、今後は実際にリストをクリアしていくことで、人生を充実させていこうと思います。

冴えない凡人サラリーマンの僕ですが、少しでも応援してくださる方がいらっしゃれば光栄です!

 

それでは、今回はこの辺で。

また次回の記事でお会いしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です